• ホーム
  • 童貞でも性病になる!オーラルセックスに気を付けろ!

童貞でも性病になる!オーラルセックスに気を付けろ!

性病の主な感染経路は性行為で、細菌やウイルスを含む分泌物が他の人の性器の粘膜に触れることで伝播します。性病は人物間の性的な接触によって感染をするので、経験人数が多かったり性風俗のサービスを利用する人は必然的に感染をする確率が高くなります。HIV感染者の感染経路の多くは、同性間または異性間の性的な接触で占められているほどです。ただし中には感染経路が特定不可能なケースもあり、経験人数が0人の童貞や処女でも性病に感染して発症するケースが存在します。

童貞や処女でも性病に感染する経路で多いのは、オーラルセックスです。オーラルセックスは妊娠をする恐れがないことから、コンドームを着用しないケースが少なくありません。最近は性風俗店でオーラルセックスをするケースが増えていますが、コンドームを着用しなければ口や喉の粘膜を通して性病の病原体に感染をする危険性があります。例えば、クラミジアや淋病を引き起こす病原菌は喉の粘膜にも感染をして炎症を起こします。喉の粘膜に感染をしている人とディープキスをするだけでうつることもあるので、性行為以外でも性病になる場合があります。

最近は独身の男女の間で、一定期間にわたり自慰を禁止をすることがひそかなブームになっています。自慰行為を禁止して“苦行”を行うことで、性行為の際の感度が向上することが期待できるというものです。男性の場合は性欲を満たす方法がいくつかあり、性風俗業のサービスを利用するというオプションが存在します。性風俗を利用するために、一定期間にわたり自慰をしないという男性もいます。

基本的に性病は他の人物を通して感染をするので、相手が存在しない自慰でうつされることはありません。これに対して性行為をする目的で一定期間にわたり自慰を禁止して苦行をすることによって他の人と性交渉をする機会が増えてしまうと、間接的に性病に感染するリスクを高めてしまう恐れがあります。

キスやオーラルセックス以外でも、性病を発症するケースが存在します。単純ヘルペスウイルスに感染をしていると、性器ヘルペスを発症する場合があります。単純ヘルペスウイルスは感染率が非常に高いので、感染経路が特定不可能な場合も多いウイルスです。性行為の経験がなくてもウイルスに感染をしている可能性があるので、誰でも発症をする可能性があります。

膣カンジダも性行為をしていなくても発症をする可能性があり、処女でもかかる場合があります。ストレスの多い生活や抗生剤の服用などで免疫力が弱くなるとカンジダ菌が増殖して炎症が起こるので、免疫力を低下させないようにすることが大切です。

性行為によって感染する伝染病の多くは、細菌やウイルスなどの病原体が血液中に存在します。HIV(エイズ)・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・クラミジア・淋病などはいずれも血液中にウイルスや病原菌が含まれるので、汚染された医療器具や輸血などを介して感染をする恐れがあります。

日本などの先進国であれば、医療処置が原因で病気を移されるケースは稀です。これに対して発展途上国では、今でも医療行為を通して伝染病に感染をする場合があります。中国本土やロシアなどの病院では、今でも汚染された注射針などを通してHIVやB型肝炎に感染をするケースがあります。発展途上国で虫歯治療を受けた際に伝染病に感染してしまう恐れもあるので、海外旅行の際に現地の医療機関を利用する際は注意を払うようにしましょう。

感染経路は、性器の接触をともなう性行為だけではありません。オーラルセックスでも感染経路になる場合があるので、童貞や処女だから安心という訳ではないので注意が必要です。いずれの感染経路も、感染予防のための知識があれば防ぐことができます。