• ホーム
  • 保健所では無料・匿名で検査を受けられます

保健所では無料・匿名で検査を受けられます

落ち込んでいる男性

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染のリスクを軽減するには正しい予防対策を行う必要がありますが、仮にコンドームなしの性行為などの感染リスクが高い行為をしてしまった場合は、HIV検査を受けることで早期発見することが重要です。それは、エイズを引き起こす原因ウイルスであるHIVに感染しているかを調べるために行われますが、日本では、病院やクリニックなどの医療機関や各自治体にある保健所などで受けることが可能です。医療機関を受診する場合は、5千円から1万円程度の費用がかかりますが、保健所では無料・匿名で受けることができます。また、自身が住んでいる地域以外の保健所でも受け付けています。

保健所では主に月に数回程度行われており、平日の昼間に実施している施設が一般的ですが、中には土日や夜間にも受け付けている施設もあるため、自身のスケジュールに合った場所を選択可能です。また、混みあうことが予想される施設では、電話予約が必要な場合もあるため、日程と共に予約の確認は必須です。なお、予約が必要な場合でも名前や住所は聞かれずに、予約番号が知らされるのみとなっています。さらに、保健所では結果が出るまでに1~2週間程度かかる通常検査が一般的ですが、その日の内に結果が分かる即日検査を行っている場合もあるため、即日を希望する場合はこちらも事前確認が必要です。

また、電話予約をする前に確認しておくべきことが、ウインドウピリオドです。HIVに感染すると、免疫機能の一環でウイルスを撃退するために血液内に抗体という物質を作ります。HIV感染を調べる場合、血液内の抗体の有無を確認するのですが、抗体が検出できる量まで増えるには一定期間かかります。そのため、感染の疑いがある行為の後の一定期間は、感染者であっても陰性と判断されることがあり、信頼性が大きく落ちてしまいます。そのため、感染の疑いがある行為の後の一定期間は、本来は陽性であっても陰性と判断されることがあるため、正確な結果が得られません。ウインドウピリオドとは、この正確な結果が得られない期間のことで、保健所では主に3カ月程度を目安にしています。電話予約や採血前には必ずウインドウピリオドについての質問があるため、自身の行動をしっかりと把握しておくことが重要です。

保健所での検査の流れはどの施設でもほぼ同じで、まず受付で予約番号を伝えて番号札と申込用紙をもらいます。申込用紙には、名前や住所を記入しない代わりに、暗証番号として好きな数字を記入する方式が一般的です。自身の番号が呼ばれたら診察室で、専門医から簡単な説明と問診が行われます。ここでも個人情報を聞かれることはありませんし、答えたくない質問に対しては答える必要はありませんが、再度ウインドウピリオドの確認は行われるでしょう。問診が終わると、別室に移り一人一人個別での採血が行われ、約5cc程度の血液が採取されます。

通常検査の場合は、この段階でその日の工程は終了で、1~2週間後に結果説明を受けるという流れになります。即日の場合は、採血から1時間ほどで結果説明を受けますが、ここで陽性となった場合は確認検査が必要となるため、1~2週間後に最終的な結果説明を受けるという流れになります。以上が検査の流れになりますが、基本的には問診と採血が行われるのみで簡単に受けることが可能です。

このように保健所では、無料・匿名でHIV検査を行っていますが、HIV以外の性感染症の検査や相談を行っている施設もあります。性感染症は非常にデリケートな問題ですが、保健所の方々はプロ集団です。予防をせずに感染者の疑いがある人と性行為をしてしまった場合などは、不安や恐れをそのままにせずに、まずは相談してみるというのもひとつの選択肢です。