• ホーム
  • どうしたら感染するの?HIVの感染経路

どうしたら感染するの?HIVの感染経路

考えている男性

現在、HIVに感染したとしても適切な治療を継続的に受けることでエイズを発症させずに、それまでの生活と同じような生活を送れるようになっています。しかし、HIVに感染しても特有の症状が出ないことや、全く症状が現れない無症候期が長く続くこともあり、感染自体に気づかないということが問題となっています。したがって、感染拡大を防ぐには早期発見のための検査と共に、適切な予防対策を周知させることが重要と言えるでしょう。また、自身が感染しないためには、どのような行為で感染するのかを知ることが非常に重要です。

HIVは主に感染者の精液、膣分泌液、血液、母乳に多く存在しており、これらが粘膜や傷口から体内に侵入することで感染します。つまり、唾液や涙、尿などの体液には他人に感染させるほどのウイルス量は含まれず、また正常な皮膚からは感染しません。そのため、HIVは性的感染、血液感染、母子感染の3つの経路で他人に感染します。

3つの中で最も多いのが性的感染で、男性の精液や女性の膣分泌液がパートナーの性器や口の粘膜に直接触れることで感染します。性行為での感染を防ぐためには、コンドームを正しく使うことが最も有効です。注意すべきなのは、HIVは精液のみではなくカウパー腺液にも含まれることや、口の中の粘膜からも感染するということです。したがって、コンドームは性行為の最初から最後まで装着する必要があります。また、近年はオーラルセックス用のコンドームや女性用のコンドームも存在するため、これらを組み合わせて正しい方法で性行為をすることが重要です。

2つ目は血液感染です。主に麻薬や覚せい剤の回し打ちにおいて、注射器を共用することで起こります。注射針には感染者の血液が付着しており、非感染者が同じ注射針を使用すると、直接血管内に感染者の血液が入り込むため感染リスクが高くなります。同じ注射器でも医療現場においては、採血や献血に使用される注射針は必ず使い捨てにすることが定められているため、感染のリスクはありません。しかし、医療従事者が採血や献血時に針刺し事故(誤って自身に注射針を刺してしまうこと)を起こした場合は、低確率ながらも感染することが確認されています。また、輸血に使用される血液に関しては、厳重な検査によって安全性が確保されているものの、現在の検査技術では100%の検出率を達成することが難しいため、輸血による感染リスクは完全に排除できていません。なお、献血された血液にHIVが含まれていたとしても、献血者にその旨が伝えられることは無いため、感染リスクを軽減させるためにも、検査目的の献血は厳禁です。これら以外には、カミソリや歯ブラシ、タオルといったものは血液が付着しやすいため、複数人での共用は避けた方が良いでしょう。また、他のウイルスや病原菌の媒介役として知られる蚊ですが、蚊の針に付着している程度の血液では感染の危険性はないとされており、実際に感染したという例もありません。

3つ目の感染経路は母親から赤ちゃんへの母子感染です。母親がHIV感染者である場合、妊娠中に胎内で感染したり出産時の出血にさらされることで赤ちゃんが感染する可能性があります。また、HIVは母乳中にも含まれるため、授乳によっても感染することが確認されています。これらは、妊娠中のHIV治療薬の服用や帝王切開、母乳を与えないといった工夫で、赤ちゃんへの感染は0.5%未満にまで低下させることが可能です。

これら3つが感染経路となり、これら以外では感染することはありません。つまり、他のウイルスや病原菌では問題となることがある、咳やくしゃみ、握手は無論のこと、食器類やトイレの共用やペットボトルの回し飲みなどで感染する可能性はゼロです。このような、正しい知識を持つことが感染拡大を防ぐには重要と言えるでしょう。